有機的な繋がり

今週のおにょTVも、山口先生回です!
学生の頃、有名な伝統鍼灸治療の先生が、
「鍼灸治療で1番重要なのが陰陽論です。」
と仰っていて、
「物事を2種類に分けるだけなのに、それのどこに重要性があるんだろう?」
と思いました。
その後の話も、東洋医学の概論的なものになって行ったので、その理由には学生であった自分には理解出来ませんでした。
今だと、人の身体を先ず大きく分けて、分かりやすい所から関係性を診て行くという事が理解出来ます。
この理解と無理解の隔たりには、自分の体験による実感があるかないかだと思っています。

~お品書き~

①フォノグラムを学ぶと、なぜ有機的な繋がりが観えてくるのか?
②理解の段階も無限にある?
③有機的な繋がりは自分で作るしかない?

 

おにょ日記はこちら

【YouTube】
その1 その2 その3 その4

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

治療とは何か?