WEB受講だけでついに完成、等音面ヴァイオリン!

WEB受講だけでついに完成、等音面ヴァイオリン!

WEB受講だけでフォノグラムを学び
等音面ヴァイオリンが遂に完成!

この度、北海道の歯科医師である高田さんが
WEBの受講だけで等音面ヴァイオリンを遂に完成させました。

配信URLはこちらです↓

おにょTV特別配信

「WEBだけでついに完成、等音面ヴァイオリン!」
・配信日:2022/7/20(水)21:00~
・配信URL:https://youtu.be/xokO9OeSYaw

 

もちろん、修正点はいくらでもありますが、音で形を作っていく
というフォノグラムの手法で、等音面楽器を作り上げたことは
私にとってとてつもなく重要な出来事です。

ヴァイオリンを普通に作ったのでは大した意味はないのですが
「フォノグラムの情報を操って、等音面を形成した」という事実
を私以外の人が完全にやってのけたことにとても深い意味があります。

人類の集合意識がフォノグラムを了解した瞬間といってもいいでしょう。

 

 

 

量子力学の父でもあるマックスプランクは
このような言葉を残しています。

「新しい科学的真理が勝利をおさめるのは、
それの反対者を納得させ、彼等の蒙を啓くことによってではなく、
その反対者が最終的に死に絶え、当の新しい科学的真理に慣れ親しんだ
新しい世代が成長することによってである。」

今回の高田さんの成してくれたことは
このことに相当します。

いくら論理的に説明しても
いくら物理的証拠を出しても
いくら本を出版しても(買ってね!)
勝利を収めるのは、新しい世代が成長することなのです。

既存の理解しやすいものならばすでに何らかの権威構造が存在していますから、受け渡しは可能になりますが、
フォノグラムの場合は、私が2足歩行を開始した初めてのサルであり、二匹目を同じ目線に引き上げるのは、その用な引き渡しの何百倍も困難なことです。

とてつもなく大きな前進なのです。

ちょうど、この件と時を同じくするべく、カーボンナノチューブ(以下、CNT)が私の手元に届きました。

次の全く違う道が私の前に広がりだしました。

CNTが23.46次元トンネルの物理的実体であることが
わかってきました。

その話はまたいずれ、、。

今回の配信は、高田さんの奮闘記の実際をお伺いしながら、個人の意識が
人類の集合意識にどのような変化を与えることができるのか?
人類の集合意識がどのような進化プロセスを歩んでいるのか?

以上のような議論を踏まえて配信していけたらと考えております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。