第24回「内部緊張の科学」

ヴァイオリンにも様々な形があり、それぞれ個性を持っていますが、たいていの人にはすべて同じに見えるでしょう。
また、同じ楽器でも、ほんの少し調整を加えるだけで全く別の楽器(良くも悪くも)に生まれ変わることもあります。
見た目には何も変わっていないのに、目に見えない内部の緊張状態が変更されてしまうからです。
音の図形であるフォノグラムは、この内部緊張を表したものであるということができます。

おにょ日記はこちら

【YouTube】
その1 その2 その3 その4

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です